令和元年!

スポンサードリンク

梅花の歌三十二首 天平二年正月十三日に、帥翁の宅に萃まりて、宴会を申ぶ。 時に、初春の令月にして、気淑く風和ぐ。梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす。 加以、曙の嶺に雲移り、松は羅を掛けて蓋を傾く、 夕の岫に霧結び、鳥は縠に封ぢられて林に迷ふ。 庭に新蝶舞ひ、空に故雁帰る。 ここに、天を蓋にし地を坐にし、膝を促け觴を飛ばす。 言を一室の裏に忘れ、衿を煙霞の外に開く。 淡然に自ら放し、快然に自ら足りぬ。 もし翰苑にあらずは、何を以てか情を攄べむ。 詩に落梅の篇を紀す、古と今と夫れ何か異ならむ。 宜しく園梅を賦して、聊かに短詠を成すべし。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

^ Page Top